最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
Photo by フリー写真素材 :: Free.Stocker

« 陸奥の旅・・・③盛岡 | トップページ | 近江と南山城・・・①教林坊 »

陸奥の旅・・・③水沢(奥州市)

  最終日の5月20日になりました。当初は遠野を訪ねる予定で、例年、5月中旬から土日祝に運行される「遠野物語めぐり号」というバスを利用しようと思っていましたが、4月になっても情報があがってきません。バス会社と観光協会に電話して、昨年まで運行していたバスの会社は潰れた、なんとか夏休みまでに再開したい、という状況であることがわかりました。遠野は、遠野南部氏の城下町でもあって、祖母が遠野の話をしていた記憶があるので、行ってみたかったのですが、路線バスでは動きがとれません。

 しかたがないので、別の場所を探しました。迷った挙句、留守氏の城下町であり、曹洞宗の名刹正法寺行のバスが出ている奥州市の水沢を選びました。バスも東北本線も便数が少ないので、苦心惨憺です。

 正法寺行のバスが出る10時20分まで少し時間がありましたので、徒歩10分の水沢公園まで行ってみました。ここに高野長英記念館がありますが、見学する時間はありません。近世から近代の水沢の著名人は、高野長英、後藤新平、斎藤實の3人で、実は高野長英と後藤新平は親戚です。

Dsc01632

 水沢の市街地を離れると、のんびりとした田園風景が広がります。途中で蘇民祭で名高い黒石寺の前を通りました。25分で終点の正法寺前に着きましたが、またしても降りたのは私だけ。

Dsc01644

 拝観料を払っていると、車で来られたご夫婦の同行者と間違われて、危うく3人分払わされそうになりました。大木を見上げているご夫婦は北上から来られたそうで、ずっと一緒に回りましたが、とても親切な方でした。

Dsc01677

Dsc01645

 1665年創建の総門の奥の石段が難所です。ご主人は昔、ここで研修をされたそうで、自然石を乱雑に積んだ石段は、どんな偉い人でも四つん這いにならないと登れないようにできているのだと教えてくださいました。四つん這いにならなくても登れましたが、かなり恐怖。上がってみたら、右側にスロープになった楽な道がありましたので、帰りはもちろんそちらを通りました。

Dsc01647

Dsc01681

Shoboji_2

 この境内図のように、以前は総門を入って、庫裏の入口に拝観受付があったので、ご夫婦が間違われたのも納得です。正法寺は「奥の正法寺」の名で親しまれ、南北朝時代の1348年に開刹されました。総門・庫裏・本堂(法堂)は国指定の重要文化財です。かつては永平寺、鶴見の総持寺とならび、奥羽2州の本山でした。江戸時代になって本山の地位は失いますが、仙台藩から特別の待遇を受けていました。
 
Dsc01670

 本堂は日本一の大きさの茅葺屋根。間口29.6m、奥行21m、高さ26mで、現在の建物は1811年に伊達家が再建したものです。 

Dsc01671

Dsc01673

 庫裏から入って、北上のご夫婦の案内で、堂内をめぐりました。茶菓の用意もあって、ご配慮に感謝です。

Dsc01652

 内部は撮影禁止。外はいいので、本道の側面を撮りました。

Dsc01653

Dsc01658

 急な階段を上ると開山堂です。

Dsc01665

 雪国だからでしょうか、庫裏・本堂・開山堂は屋根の付いた階段や廊下でつながっています。

Dsc01667

 山門跡。いまは礎石しか残っていません。

 山深い禅宗寺院の清々しさに包まれたひと時でした。車で水沢まで送ってあげるとおっしゃるご夫婦の申し出を謝辞して、水沢まで戻りました。この先はタクシーです。武家住宅資料館まで520円。若い運転手さんは道がわからず、無線で聞いていました。

Dsc01699

 武家住宅資料館は、武家屋敷(内田家)と武家住宅資料センターが隣接しています。

Dsc01685

 まず武家屋敷から見学します。慶応2年(1866)に記された「水沢家中家並覚牒」によると、この屋敷は大番役・内田勘之丞のもので、禄高は96石2升となっています。角館の武家屋敷に比べると質素ですが、格式のある武家屋敷の一つです。

Dsc01690_2

Dsc01693_2

Dsc01696_2

 隣の武家住宅資料センターでは、歴史展示コーナーを懇切丁寧な解説付きで見学させていただきました。

Showphoto

Showphoto2

 水沢の領主・留守氏の苗字は、鎌倉幕府の陸奥国統治機関の一つであった留守職からきています。奥州藤原氏の滅亡後、御家人の伊沢家景がこの地位に任じられ、家景の子の時代から留守氏を称するようになりました。南北朝時代に勢力の衰えた留守氏は、伊達氏の救援を乞い、やがてその傘下に入ったため、水沢伊達氏とも呼ばれました。

 次は向かいに建つ後藤新平旧宅です。後藤新平は安政4年(1857)に留守家御小姓頭の家に生まれ、明治維新ののちは、医師・台湾総督府民政長官・満鉄総裁・逓信大臣・鉄道院総裁・内務大臣・外務大臣・東京市長などを歴任しました。とくに都市計画では「大風呂敷」と呼ばれるほど大胆な計画を提唱しています。

Dsc01701

 屋根は寄棟・茅葺きで、江戸中期の下級武士の住宅の様子を伝えています。

P_20170520_125348_hdr_320x180_3

Dsc01703

Dsc01705

 ここから西に延びる道は吉小路と呼ばれます。

P_20170520_125853_hdr_800x450 

 少し歩くと高野長英生誕地の案内板に出会いました。

Access

P_20170520_130034_hdr_800x450

 高野長英については、幼いころ、父の蔵書の「蛮社の獄」を主題にした小説を読んだときから興味がありましたが、ここで詳細を述べるのは控えます。水沢では三偉人の一人に数えられています。

 斎藤實記念館の前からバスが出ているので、バス停に向かう途中に高千代というお菓子屋さんがありました。ほかにはお店がないので、ここで一休みしていたら、正法寺で買った「九曜紋」というクッキーが置いてありました。お寺とこのお店が協力して、考案されたそうです。

P_20170520_132444_hdr_800x450

Dsc01716_2

P_20170520_132719_hdr_800x435_2

 吉小路の突き当りに斎藤實記念館が建っています。2.26事件の犠牲になった方ですが、めったに来ないバスの時間が迫っていたので、中に入ることはできませんでした。
 
P_20170520_132956_hdr_800x450

 コミュニティバスで水沢駅の近くまで行きました。

Dsc01712_480x640_3

 あちこちにこういう案内表示がありますが、控え目すぎて残念です。遠野のピンチヒッターの水沢は、観光客は一人もいませんでしたが、私なりに楽しめました。

 東北本線で一ノ関に向かうと、平泉で大勢の方が乗ってこられました。一ノ関で新幹線に乗ったら、私の席にほろ酔い加減の男性が・・・。間違っていないとおっしゃるので、チケットを確認していただいたら、次の列車の指定券を持っておられました。隣の席は空いていたので、仲良く仙台まで行って、お別れです。

 3日間、歩き回って、今年で2度目の独り旅は無事に終わりました。

« 陸奥の旅・・・③盛岡 | トップページ | 近江と南山城・・・①教林坊 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ああ、日本にもいいところがたくさん。どちらをむいても高層ビルばかりというところに住んでいますと、こういう緑豊かな 藁ぶき屋根もみられる風景、本当に落ち着きます。
水沢、名前だけはきいたことがありますが、日本史詳しくないので、ピンときにくいのですが、いい街ですね。
それにしても 手作り旅、すばらしいです。 私は相変わらず国内もパックツアー頼み。 今日、申し込んでいた旅行、人数不足で催行されなくなりました、という連絡を受けました。(九州のキリシタン遺跡を訪ねる旅)個人で行くのならこういうことはないのですが、、。 情けないと思いつつ 別の旅行にふりかえてもらいました。
日本史などにくわしくないので、旅行会社のパンフレットをみて初めて、こういうところがあるのか、と知るような状態ですので。

いつも読んでいただいてありがとうございます。こういう私なりの「かくれ里」を見つけるのも楽しみの一つです。梅雨の来ぬまに、もう少し独り旅をいたします。雨より暑さが苦手です。戻りましたら、また・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 陸奥の旅・・・③盛岡 | トップページ | 近江と南山城・・・①教林坊 »