最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
Photo by フリー写真素材 :: Free.Stocker

« 京・近江の春旅・・・⑧堅田 | トップページ | 姉と友と »

ナガミヒナゲシ

 路傍でオレンジ色の草花を見かけたのは、かなり前です。可憐な姿に惹かれ、我が家の庭にもきてほしいと思ったこともありました。ところが、この花は移植に弱いようで、いつも枯れてしまいます。今年、とうとう風に乗って、やってきました。喜んでいたら、ニュースで、この花は外来植物で繁殖力が旺盛なので、実をつける前に取り除いたほうがいいと知って、ちょっとガッカリです。

 名前もわかりました。ナガミヒナゲシです。

200px183_papaver_dubium_papaver_r_2

  1961年に世田谷区で見つかって、2010年には青森県と沖縄県以外の都道府県で確認されているそうですから、いまは全国に分布しているかもしれません。

 スペインを鉄道で旅していると、線路沿いにアマポーラが群生していて、旅情をかきたてられたものでした。

Img8e005644hul46k


 ナガミヒナゲシのほうが少し色が淡いのですが、そっくりですよね。当地に越してきたころは、庭にムサシノスミレが自生していました。しばらくして、中央線の線路沿いによく見かけたムラサキダイコンがやってきて、いま路地で花盛りです。どなたかが中央線の線路わきにナノハナとムラサキダイコンの種をまかれたのが始まりと聞いたことがありますが、こちらは在来種だから、御咎めなしなのでしょうか。

 10年ほど前に関西の姉の家からいただいてきたナルコユリもいま涼し気な佇まいで、あでやかなツツジとともに食卓を飾っています。もう少したつと、いっしょにやってきたハンゲショウも姿を現すかなと心待ちにしています。ハンゲショウは絶滅危惧種になりかかっているそうですから、大事にしなければ。姉は一人住まいになってから、広い家をもてあまして、姪の家から3分の場所に移って、植物たちともお別れしたと言っていました。

Images

250pxhangesyo_06c1213cv


« 京・近江の春旅・・・⑧堅田 | トップページ | 姉と友と »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この優しいオレンジ色のひなげし、ここ数年道端でよくみかけるようになりましたね。
誰が種をまいたのかとおもっていたら、買ってに種が飛んでくるらしい。 
先日の足利行きのときにも高速のわきのにところどころに咲いていました。 とても強くて、コンクリートのところでも 根付くのだそうです。色合いがやさしくて心が和むお花なのですが繁殖力の強い外来種、というのは心配な気がしますね。
ムラサキダイコンもやさしい色合いで好きなお花の一つ。
半夏生、水場のもの、とおもっていましたが、普通にお庭でも育つとは。
我が家のヴェランダも薔薇が次々咲いてきています。気持ちのいい季節になりましたね。

いつぞやお写真で拝見した見事な薔薇、どうかまたご紹介くださいませ。我が家ではいちばん育てやすいツルバラを路地植えしていますが、まだ咲いていません。シャクナゲが咲き出して、喜んでいます。
 外来種は繁殖力が強くて問題になりますが、消えていく品種もあるようですね。越してきたころ、セイタカアワダチソウが目の敵にされていましたが、いまはあまり見かけません。花も姿がいいと大事にされるようで、あちこちでハナニラも繁茂しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京・近江の春旅・・・⑧堅田 | トップページ | 姉と友と »