最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
Photo by フリー写真素材 :: Free.Stocker

« 梅雨の合間の近江・美濃・・・③石山寺 | トップページ | 梅雨の合間の近江・美濃・・・⑤永保寺 »

梅雨の合間の近江・美濃・・・④三井寺

  関西の暮らしが長かったわりには、行っていない名所がたくさんあります。aliceさんのブログを拝見して、またしても真似をしたくなりましたが、周到な用意をした者としない者の格差を露呈するはめになりました。まあ、石山寺よりは楽ですから、また機会があればと負け惜しみを言っておきます。ただ、JR大津駅前から門前までのバスは非常に少ないので、要注意です。午前中は行きは7時59分発、帰りは10時56分発しかありません。

 三井寺のHPを拝見して、感動したのは、以下の「おしらせ」です。いま思い込みの激しい為政者によって、若い人達の将来が危惧されるなかで、宗教界の方々はどう考えていらっしゃるのかと思っていましたが、平和を希求される方々もおられるのだと勇気づけられました。

http://www.shiga-miidera.or.jp/img/index/20150623.pdf

 日曜日だというのに、こちらも閑散としています。

Dsc02020

  大門(仁王門)は、室町時代の建造で、重要文化財に指定されています。記録によると、天台宗の古刹常楽寺の門で、秀吉によって伏見に移され、1601年に家康によって現在地に建てられたとされています。

14keidaiannai

 受付でいただいた参拝順路に従って、一番から十一番までお参りしました。

Dsc02024

Dsc02026

 大門(仁王門)を入ってすぐ右手に南面して建つ比較的簡素な造りのお堂が室町時代に建立されたと思われる重要文化財の食堂(釈迦堂)です。 中世寺院の食堂の様式を伝えていますが、本尊に清凉寺式釈迦如来をお祀りしているので、釈迦堂と呼ばれています。

Dsc02029

 金(本)堂がちらりと見えてきました。

Dsc02034

Dsc02065

 側面から見ても品格があります。

Dsc02066

現在の建物は北政所によって慶長4年(1599)に再建された桃山時代を代表する建築です。誰もいなくて、一人で諸仏を拝んできました。

Dsc02040

Dsc02043

 金堂と軒を接するように閼伽井屋が建っています。天智・天武・持統の三天皇が産湯に用いたという泉が涌いています。覆屋は慶長5年(1600)の建立で、正面上部に左甚五郎作の龍の彫刻があります。

Dsc02045

  日本最古の庭園ではないかと言われる閼伽井石庭。

Dsc02030

Dsc02033

  鐘楼は慶長7年(1602)の再建です。梵鐘は近江八景「三井の晩鐘」で知られています。

Dsc02046

 霊鐘堂に鎮座しておられるのは奈良時代の梵鐘です。俵藤太秀郷が三上山の百足退治のお礼に竜宮から持ち帰ったという伝承があります。講談社の絵本で育った私の世代でないと、ピンとこないでしょうね。「弁慶の引摺り鐘}」伝承のほうが有名かもしれません。

Dsc02048

Dsc02051

Dsc02052

 一切経蔵は室町初期の建築です。慶長7年(1602)に毛利輝元が山口の国清寺から移築して寄進しました。高麗版一切経を納める回転式の八角輪蔵があります。

Dsc02077

Dsc02079

Dsc02054

Dsc02057

Dsc02060

 唐院は開祖円珍の廟所として最も神聖な場所で、奥の大御堂の前に三重塔・灌頂堂・春日護摩堂が並んでいます。

Dsc02062

Dsc02036

Dsc02069

Dsc02070

 清々しい朝の境内を散策しながら、三井寺文化財収蔵庫に向かいました。

Img01

 2014年10月に、宗祖・智証大師生誕1200年慶讃記念事業として開館しました。          桃山絵画の最高傑作とされる国宝・勧学院客殿の狩野光信筆の襖絵39面をはじめ仏像、仏画、仏具など重要文化財13件53点(平成27年11月現在)を収蔵、展示しています。貸し切り状態で、ゆっくり拝見しました。

Img02

Img03

11

01

 十一面観音立像
 

Dsc02081

04_1

 勧学院は3名以上で事前に申し込まないと入れません。aliceさんのブログには美しい写真があります。襖絵は収蔵庫に収められたので、いまは精巧なレプリカになっていますが、庭園も素晴らしいそうです。レプリカでもいいから、入りたかったと未練が残ります。

Dsc02089

Dsc02087

Dsc02086

Img042

バスの発車まで少し時間がありましたので、江戸時代の僧坊を改装して2015年にオープンした「ながら茶房 本寿院」でお茶をいただきました。

Dsc02091

 これで三井寺ともお別れです。紅葉は12月の上旬まで美しいから、また来てくださいとお寺の方に言われました。

 

 

 

« 梅雨の合間の近江・美濃・・・③石山寺 | トップページ | 梅雨の合間の近江・美濃・・・⑤永保寺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

青蓮院にいらしたので、きっと三井寺にもいらしたのでは? と思っておりました。
 alice様のブログでは 三井寺のあと青蓮院でしたね。
お寺に詳しくない私でも三井寺の名だけは知っておりましたが、マリア観音のような像があることを知って なんとしても行ってみたいと思ってはおります。
随分立派な収蔵庫があるのですね。お寺とは思えない、といってはいけないでしょうけれど、モダンで素敵な建物。
紅葉のころもよさそうですが、緑も美しいですね。
青蓮院のガラスの茶室、実際に中でお茶をたてることができるのでしょうか? バリッといきそうで、こわいです。
私はなまじっか、娘が関西にいるために、余計面倒な気がして行きにくいところでもあります。
この日はもしかしたらMIHO美術館と同じ日ですか?ツアーでなくて三か所はきつそうですが。
海外をやめたら国内、といっても結構 坂や階段が多くて大変そうですね。

素敵なお写真をみせていただいているおかげで行きたいところリストが膨らむ一方で焦ります。

よくチェックしないでUPしたので、見苦しい画面になっているのにいま気づきました。三井寺は3日目の午前中に参りました。MiIHO MUSEUMは移動に時間がかかりますので、ツアーでないと3カ所は無理です。体力の問題も大ありで、いつまで独り旅が続けられますか、こころもとない次第です。
 ドイツのロマネスクも、まだちゃんと拝読しておりません。当分、なんの予定もないので、6月の旅の記録を書き終えたらと楽しみにしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨の合間の近江・美濃・・・③石山寺 | トップページ | 梅雨の合間の近江・美濃・・・⑤永保寺 »