最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
Photo by フリー写真素材 :: Free.Stocker

« 秋の鎌倉・・・円覚寺「風入れ」 | トップページ | 秋の鎌倉・・・浄智寺 »

秋の鎌倉・・・長寿寺

 もう一カ所、どうしても行きたかったのが長寿寺です。拝観できる季節と曜日が限られているので、この日を逃したくありません。春季(4・5・6月)、秋季(10・11月)、金・土・日・祝 午前10時~午後3時(雨天中止)が条件ですから、ハードルが高いと思います。

 北鎌倉駅から踏切を渡って建長寺方向に徒歩10分ということでしたが、狭い歩道は建長寺方向から歩いてきた数多の学生服に占拠され、なかなか進めません。少し嫌になったころに長寿寺の石段が見えてきました。

O0724048313964588056

 門をくぐると、作務衣を召した方が、お賽銭箱に300円入れてくださいとおっしゃいます。

Chojuji_map

 このお寺は、建物の中に入れてくださって、ゆっくり拝観できますが、いくつかご注意が書いてありました。一つは、私語禁止。おひとり様ですから、その心配はありません。入口におられた女性は、絵葉書をくださって、優しい方でした。

08_0601_cj1_06

 略縁起には「臨済宗建長寺派で1358年(延文3年)足利尊氏の菩提を弔う為第四子基氏によって尊氏の邸跡に創建された」と書いてありますが、建武3年(1336)の古文書に、長寿寺の記録があるので、基氏以前の創建ではないかと考えられています。邸跡だという確認はできないようです。

Cimg0194

Cimg0195

Cimg0196

Cimg0197

Cimg0202_2

 おもな建物は大正時代の再建ですが、手入れの行き届いたお庭をゆっくり拝見しました。桜や紫陽花も植えられていますから、季節を変えればもっと見事でしょうが、この静寂は望めないかもしれません。

Cimg0205

Cimg0206

 境内の観音堂は、室町時代創建という奈良の忍辱山円成寺多宝塔の第一層を改造移築した建物だそうです。茅葺、方形の美しいお堂でした。

Cimg0209

 裏山の階段を少し登ると、「足利尊氏の墓」と書いた立札の後ろに五輪塔が立っています。ちょっとバランスが悪くて、落ち着きませんが、お寺では尊氏の遺髪が埋葬されていると言われています。

 ここから坂道を下ると、先ほど建物の中から拝見した庭園に出られます。

Cimg0210

Cimg0211

Cimg0212

Cimg0213

 紅葉の季節には少し早かったのですが、絢爛たる景色と静けさのどちらをとるかは迷います。

Cimg0214

 こちらが出口です。

 以前にもどこかで書いたかもしれませんが、小学校が国民学校と呼ばれたころ、校長先生が熱狂的な楠木正成の崇拝者で、毎日、朝礼で楠公精神を叩き込まれました。そのころは、北条高時という大悪人が滅びたという話で大喜びをしていると、今度は足利尊氏という大悪人が後醍醐天皇の朝敵となったと聞かされ、悲憤慷慨したものです。たぶん、そのころは「足利尊氏公ゆかりの寺」などという看板は絶対にかけなかったでしょう。

 最近、安部龍太郎著『道誉と正成』を読みました。足利方の佐々木道誉と天皇方の楠木正成が互いに認め合いながら敵対するというストーリーがどこまで真実かどうかわかりませんが、どちらも商業的武士団の側面を持ち、後醍醐天皇に対しては厳しい評価をしています。

 たぶん水戸史学の影響が色濃かったため、明治維新以後の教育では、後醍醐天皇が正しく、尊氏は朝敵という評価が敗戦まで続きました。女高師出身の国語の教師は敗戦後も南北朝時代とは言わず、吉野朝時代で通していましたが、いまだにこの時代をテーマにした大河ドラマが制作されないのは微妙な問題があるからだと思います。

 この小説には、表題の二人以外に、大塔宮、新田義貞、北畠顕家、足利尊氏・直義兄弟、高師直、後伏見法皇・光厳上皇など実在の人物がたくさん登場し、これまでの旅やこれからの旅につながる手がかりも得られました。、

 

« 秋の鎌倉・・・円覚寺「風入れ」 | トップページ | 秋の鎌倉・・・浄智寺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

長寿寺、知りませんでした。そのすぐ先の円応寺(閻魔像、運慶作?があります)は行ったことがあるのですが、、、。
主人も「知らないなあ」でしたのでお写真をみせて、今度いってみようと話しています。
季節限定、今月中に行けるかどうか、、。
きれいな庭ですね。
こちらは足利氏ですか。 鎌倉散歩、日本史のお勉強が必要であることを痛感します。
素晴らしい場所をご紹介くださってありがとうございました。

長く非公開でしたし、限定的に公開されても撮影禁止だったりして、あまり知られていないお寺です。いまはかなりおおらかに見せてくださいます。筋向いが建長寺ですが、今回は見送りました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の鎌倉・・・円覚寺「風入れ」 | トップページ | 秋の鎌倉・・・浄智寺 »